【イカ…じゃなかった…粋!】スプラトゥーンラストフェス、残り一日を切ったナワバリバトルにある変化が!! - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【イカ…じゃなかった…粋!】スプラトゥーンラストフェス、残り一日を切ったナワバリバトルにある変化が!!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

任天堂が発売したイカしたTPSであるスプラトゥーン。


現在は、ポケモンGOの配信が大きな話題になっていますが
スプラトゥーンも、現在公式が行うお祭りであるフェスが
今回で最後であるということで盛り上がっております。


ラストフェスのお題は、最後に相応しい
シオカラーズ国民投票ということで、アオリ VS ホタルという
ある意味、きのこたけのこ戦争よりも熱い戦いが行われています!


今回は、最後のフェスともあって全世界同時開催で期間も通常の二倍。
明日の12時まで開催されており、今は折り返し地点を過ぎて
いよいよ佳境の後半戦となっている状況です。


私は、今日休日でしたので、朝のうちにがっつりやって
チームにも恵まれて、えいえんのホタルボーイにもあっさりとなることが出来ました。
思い出のブキ、わかばシューターを持って、個人的には最後のフェスで最高の結果だったと思います。


さて、個人的な話はどうでもいいとして←
このラストフェスにおいて、最後に相応しい公式が仕掛けた
粋な仕掛けが、多くのスプラトゥーンファンに衝撃を与えています!
ラストフェスに相応しい究極のサプライズとは?


スポンサードリンク





熾烈を極めるラストフェスですが、一体どんなサプライズが提供されたのでしょうか?


フェスは、よりお祭り感を出すために、背景が夜となり
また、バトル音楽もシオカラーズが歌う「キミ色に染めて」が
バトル専用曲として固定されてきました。





どことなく8ビットテイストがあり、哀愁感が漂うこの曲は
個人的に好きなのですが、それでもフェス中はずっとこの曲なので
正直、飽きてしまうこともあります。


今まで、フェスはこの「キミ色に染めて」が主役となり
まさにシオカラーズ主導のフェスといった形だったのですが
任天堂が用意したサプライズとは、この楽曲をあの楽曲にしてしまうことだったのです!






シオカラ節きたああああ!!!


テンションが上がらざるを得ない!!
まさか、バトルをシオカラ節で出来るとは思いませんでしたw
運営は本当にファン心理を分かっているなと思う次第です。


ちなみに、普段の曲を電波ジャックしてシオカラ節を流していると
公式ツイッターがつぶやいています。






こんなん、発売日からゲームをやり続けてきたイカからすれば
興奮不可避に決まっとるわ!


なお、残り一分曲は通常通り、イマ・ヌラネバーになっています。


そういえば、今回のフェスでは人気投票でタチウオパーキングが
ステージとして選出されていますが、フェスの初PVが流された時
インクリングが歩いているのは、タチウオパーキングだったんですよね。





果たして、偶然このようなシチュエーションになったのか
タチウオが選出されたから、こういった演出がされるに至ったのかは謎ですが
ラストフェスでイカ…じゃなかった、粋な演出をしてくれる任天堂は本当に凄いと改めて思わされるのでした。


フェス開催は明日の12時まで。ラストフェスに悔いが残らないように。
未参加のイカはこれからでもまだまだ遅くはありません!
ホタルちゃんに笑顔をもたらそうではありませんか!(全力で煽るスタイル)





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
2016-07-23 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。