【朗報】JASRACの著作権管理事業に最高裁が独占禁止法に当たるとの判決を下す! - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【朗報】JASRACの著作権管理事業に最高裁が独占禁止法に当たるとの判決を下す!

JASRAC.jpg

著作権ビジネスとして、ネット上ではそのやり口に批判も多い
JASRAC(日本音楽著作権協会)の著作権徴収に関する裁判で
最高裁は、JASRACの契約方法を独占禁止法に当たるとの判決を下しました!

天下り先としても有名で、利権にまみれた協会ともいわれるJASRAC。
その存在意義に一石を投じる判決かと思います。

スポンサードリンク



JASRAC音楽著作権契約、「他業者の参入排除」 最高裁

 テレビやラジオで使われる楽曲の著作権管理事業を巡り、日本音楽著作権協会(JASRAC)の契約方法が独占禁止法違反(私的独占)にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は28日、独禁法違反ではないとした公正取引委員会の審決を取り消す判決を言い渡した。「他事業者の参入を排除している」とした一審・東京高裁の判断が確定した。

 公取委は改めて、JASRACが放送事業者と結んでいる包括契約について、独禁法違反の他要件を満たすかどうか審判をやり直すことになる。

著作権というものは、確かに権利として大事なものかと思うのですが
JASRACのやり方は、色々とえげつなさすぎでした。

アーティストが自分の歌を歌うのに、著作権を払ったりですとか
バーやレストラン、果てはキャバクラといった所で楽曲を使うのにも
著作権料を徴収したり…日本の音楽の発展を阻害しているのがJASRACという論もあるぐらいです。

昔からのネットユーザーからしますと、その昔MIDIで音楽の打ち込みが流行った頃に
耳コピなどで、音楽をMIDIで作った場合に、そのファイルを公開するときに
JASRACに著作権料を払う必要があるといったこともありました。

今回の最高裁での判決は、今後の著作権の管理について
色々と今後の参考になる判決だと思います。
JASRACも少しは懲りてくれればいいのですが。





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
2015-04-29 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。