【濃すぎる!】あの漢が話しかけてくれる自動販売機が登場!? - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【濃すぎる!】あの漢が話しかけてくれる自動販売機が登場!?

義風堂々!!直江兼続 ~前田慶次花語り~ 3 (ゼノンコミックス)

恐らく日本で、もののふ(漢と言ってもいい)なキャラを描かせたら
屈指の漫画家・原哲夫キャラがプリントされた暑苦しい漢な自動販売機が
コミックゼノン 戦国マンガビレッジという場所に設置されたとのこと!

自動販売機を提供しているのは、ダイドードリンコとのことで
ダイドードリンコの自動販売機は、話しかけてくるのが有名ですが
この自動販売機で話しかけてくるのは、あの漢なんだそうです。

スポンサードリンク




前田慶次が話しかける自販機、「原哲夫 戦国マンガ自動販売機」登場。

ダイドードリンコは4月25日、前田慶次が話しかけてくる自動販売機「原哲夫 戦国マンガ自動販売機」を設置した。

これはアミューズメント施設「京都 元本能寺跡 信長茶寮」協力のもと、4月25日にオープンする「コミックゼノン 戦国マンガビレッジ」に設置されたもの。

原哲夫デザインの戦国マンガをラッピングし、さらに飲料購入時に前田慶次が話しかけるという「おしゃべり機能」を搭載している。

おしゃべりフレーズは次の通り。

・硬貨・紙幣投入時「これより我ら…修羅に入る」
・商品選択ボタン押下時「だが…それがいい」
・商品排出時 5秒間「それより、一献くれまいか?」
・排出時フレーズに続き「虎は何故強いと思う…もともと強いからよ!!」

haratetuo.jpg

なんと豪快な自動販売機であることよ…!(何者)

これは道端には置けない自動販売機ですねw
あまりにも迫力がありすぎて怖いw

前田慶次が話しかけてくるということですが、声優は一体誰なのでしょうか?
花の慶次ってアニメ化とかしてたっけ…。

コミックゼノン 戦国マンガビレッジは京都市にあるという
戦国マンガを題材にしたテーマパークとなっており、オープンは昨日だったとか。
公式サイトは、何故か日本語を始め90ヶ国語の表記に対応しており、何だかものすごい力が入っているテーマパークなのだなと雰囲気でわかりますw

この暑苦しい自販機で、何か冷たいものを買ってみたいですねw
なんだか、冷たいものが一気に温まりそうな熱があります。





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
2015-04-26 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。