【究極のエコ】一風変わった鉛筆削りのコンセプトが凄い! - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【究極のエコ】一風変わった鉛筆削りのコンセプトが凄い!

enpitu.jpg

誰しも、子供の頃に使ったことがあると思われる鉛筆。
先がすり減ってくるたびに、鉛筆削りを使って先を尖らせていたと思いますが
一本の鉛筆は最後まで使うことは、持ち場所の関係上、まず無理な話でした。

この度、大阪にあるメーカー、中島重久堂が出した鉛筆削りは
鉛筆を最後まで使いきれる画期的な鉛筆削りだというのですが、一体どんな鉛筆削りなのでしょうか。

スポンサードリンク




もったいない精神を大切にするオトナの間で密かに人気! 短くなったエンピツをつなぐための鉛筆削り

あなたの身近にある、短くなりすぎたエンピツ。これまでどうしていましたか? もったいないけど、もう使いにくいし……と、ちょっと後ろめたさを感じつつ、捨ててきたという方が多いのではないでしょうか。

そんな短くなったエンピツを捨てずに “つなぐ” ための鉛筆削りが登場し、ただ今オーダーがストップするほど人気を呼んでいます!
【これまでにない画期的な鉛筆削り】

大阪の鉛筆削り専門メーカー「中島重久堂」が手がけた「TSUNAGO」は、一見何の変哲もない鉛筆削り。だけど、実際は目からウロコの構造となっているの。

【エンピツ同士をつなぐ方法とは】

まず、短くなったエンピツのおしりを削って穴をあけ、もう1本のエンピツの頭を削って差し込める形に整えると、なんとエンピツ同士がドッキングできるように仕上がるのです。

エンピツのおしりに開いた穴部分に木工用ボンドを塗って、もう1本のエンピツを接着させれば、ちょうど凹凸が埋まって見事1本のエンピツに早変わり!

これが短くなったら、また別のエンピツとつないでいけば、ずっとずっと、捨てずに使い続けられるというわけです。

tunagu.jpg

使い方の動画もあります。


短くなった鉛筆を何とか使う方法は、いくつかあるかと思います。
しかし、この鉛筆削りは短くなった鉛筆を合体させることが出来るということで
どことなく遊び心と、日本のもったいない精神をくすぐるアイディア商品になっていると思います。

短くなった鉛筆を、数本合わせて合体させてカラフルな鉛筆を作ってみたり
異常に長い鉛筆を作ってみたり、何かと楽しめそうな一品ですね。
ボンドで接着するのは若干手間ですが、工作をしていると思えば楽しめるかも?
ちょっと個人的には持っていたい鉛筆削りですね。

ちなみに、この鉛筆削りの入手法ですが、今は在庫切れで手に入れることが出来ないようです。
ただ、5月から全国での販売をしたいと色々と動いているとのことで、興味が出た方は
最初にリンクを貼った、中島重久堂のページを細かくチェックするのが吉かと思います。






にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
タグキーワード
2015-04-11 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。