【光と影】Jリーガーの給与事情 - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【光と影】Jリーガーの給与事情

kyuuryou.jpg

プロのスポーツ選手については、自分が全く運動音痴な分
一線で活躍する選手を凄いと常々思っているのですが
そんなプロの世界でも格差はあるようで、ちょっと
切なくなる話が記事として上がっています。

この話は別にサッカーに限らず
全てのチーム型プロスポーツが抱える問題と
言ってもいいかもしれません。

スポンサードリンク




貧困Jリーガー続出 平均給与は中国以下、バイトをしないと生活できない選手多数

 現代はどんな物にも値段が付けられ、商品にされている。サッカー選手もその例外ではない。そして、付けられている値段はピンからキリまで幅広い。0がいくつあるのかわからない額もあれば、サラリーマンの月収より少ない場合もある。また、値段の変動も激しく、ケガをすればもちろん値崩れするし、逆に印象的なプレーをすれば一気に跳ね上がる。スポーツ選手とは、いかにチームを勝たせることができるかで評価され、値段が付けられる。では、日本のサッカー選手には、どの程度の値段が付いているのだろうか?

 まずは彼らの契約形態から見ていきたい。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のクラブの場合、A、B、Cと3つの契約ランクがあり、新卒入団の選手はほとんどの場合、最低ランクのC契約から始まる。C契約は年俸の上限が480万円で在籍期間も3年までと限られているので、その間にJ1で450分、J2で900分出場してAまたはB契約へとステップアップしなければ、プロサッカー選手としてのキャリアは終焉を迎えることになる。B契約は、年俸上限が480万円とC契約と同じであるが、期限や出場時間のノルマは特にないので、B契約を結ぶことで、ひとまず解雇の危機からは脱し、A契約を目指して日々鍛錬を積んでいくことができる。最後のA契約は、年俸上限はないが契約できる人数が1チーム25人までと制限があるため、目覚ましい活躍をしてチームに不可欠な存在として認められなければ契約締結まで至らないのである。

 実際に、選手たちはどのくらいの年俸をもらっているのか見ていきたい。Jリーグの顔である、中村俊輔(横浜F・マリノス)や田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)、遠藤保仁(ガンバ大阪)などのトッププレイヤーになると、年俸は1億円を超えるのだが、Jリーグ1部(J1)の登録選手516人のうち1億円を超えているのは10人前後と、ほんの一握りの選手しか大金を手にできないのである。1億円以上の年俸をもらっている選手がいる一方で、日の当たらないC契約の選手たちは非常に苦しい懐事情を強いられている。彼らは最高年俸には制限があるが、最低年俸に制限はない。したがって、クラブはいくらを提示しても構わないのである。

プロスポーツを見る側としては、テレビで報道されたり
日本代表として活躍したりと、スポットライトの当たる
選手を多く見ている訳ですが、それはわずか一握りで
その下には多くの普通のプロ選手が居るという話です。

プロスポーツ選手は、身体が資本ですが
その身体を維持するためには、独自にトレーニングをしたり
怪我がつきものの世界ですから、ケアをするためにも
色々とお金がかかるはずです。

しかし、実際はその身体のメンテをすることすら難しく
試合が無い日はバイトで食いつないでいる選手も多数いるとのこと。

一度怪我をしてしまえば、余程の選手でない限りまた、使ってもらえるとは限りませんので
記事内のC契約Jリーガーなどは、一度でも大きな怪我をしたら
解雇されるという恐怖に怯えながら選手を続けなければなりません。

一度解雇された場合は、元Jリーガーの肩書があっても
結局社会的には、いち社会人にしか過ぎませんから
むしろ、スポーツ選手は余程の選手でないと
引退後に色々と苦しむということにもなってしまうとのことです。

最近は、Jリーガーが欧州をはじめとする
海外のサッカーチームに引きぬかれていく事例が多いですが
日本市場は、この歪な給料分布により、若き才能が
安いコストで手に入る市場と、海外からは見られているようです。

海外からオファーが来た選手は、勿論サッカーの本場でプレーできるという
向上心を持って、移籍をするのでしょうが、表には出さないだけで
年俸についても、日本とは比べ物にならないほど多く貰えるので
移籍決断の要因の1つということもあるのではないでしょうか。

良い選手が、海外で経験を積むということは
日本サッカー界にとっては、通常はプラスのはずですが
もし、いい選手は全て海外に行き、残った選手でJを戦うとなれば
国内組と海外組との間に、技術格差が広がっていく可能性も危惧されます。

百年構想・地域密着を理念に掲げて運営されてきた
Jリーグですが、この歪な状況が続くのであれば
今後、その構想も大本から崩れてくるのではないかと
いちサッカーファンとしては心配しています。

Jリーグ選手名鑑2015 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)

Jリーグ選手名鑑2015 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
タグキーワード
2015-03-22 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。