【台無し】関西弁に翻訳した進撃の巨人がカオスすぎる件w - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【台無し】関西弁に翻訳した進撃の巨人がカオスすぎる件w

singeki.jpg

諫山創原作、別冊少年マガジンに掲載され、現在単行本の累計売上部数は
去年の8月の時点で4000万部を超えるモンスターヒット作「進撃の巨人

メディアミックスや実写化、一般の芸能界などを巻き込んで
社会現象を起こしている作品の関西弁翻訳Verが
講談社によって、WEB上で公開されています。

人間と強大な巨人に立ち向かう人間を描いた
サバイバルアクション漫画ですが、関西弁にしてしまうと
イメージがガラリと変わるから驚きです。

スポンサードリンク





進撃の巨人1巻 関西弁版

なんだこれは…(困惑)
おかしい。この漫画は、主人公の母親が主人公の目の前で、巨人に喰われる
とか、慈悲の欠片もない漫画であったはずだッ!それが…

WS000006.JPG

こんなルビ振られたら草生えるやろっ!(憤怒)

ところどころで、セリフが吉本のようなセリフに置き換わっていて
シリアスなシーンが全然シリアスに見えないという、凄まじい作品になってますw
安全に痛快エブリディに暮らせるとかカオスすぎんよww

1巻が完全翻訳されたということは、この調子で
続刊も翻訳されるのでしょうか…。
現在、15巻まで出ている本編ですが、後追いで
翻訳されていくかもしれない関西弁版の公開に期待ですw

進撃の巨人(16) (講談社コミックス)

進撃の巨人(16) (講談社コミックス)





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
2015-03-21 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。