【不謹慎?】パリのシャルリー紙が福島原発の風刺画を載せる!関係者は抗議か? - ネットニュース漂流記

スポンサードリンク



【不謹慎?】パリのシャルリー紙が福島原発の風刺画を載せる!関係者は抗議か?

huusiga.jpg
huushi.jpg

今年1月、イスラムに対する風刺画を載せたが為に
銃撃事件を起こされ、多数の犠牲者を出した
フランスの政治週刊誌「シャルリー・エブド」に
福島第一原発に関する風刺画が掲載されたとしてニュースになっています。

スポンサードリンク




シャルリー紙、福島原発事故を皮肉る風刺画掲載

 【パリ=本間圭一】1月に銃撃テロの標的となったフランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」は18日発売の最新号で、東京電力福島第1原発事故を皮肉る風刺画を掲載した。

 風刺画は「春」というタイトルの3枚構成。この中の1枚で、事故で煙を出す福島第1原発の前に大きな鳥の足跡を描いた。防護服を着た作業員がその足跡を見て、「今年の最初のツバメだ」と話している。足跡は放射能被害により大きくなったとの想定で、原発事故の被害を誇張する内容となっている。ほかの2枚は、最近、軽微な事故を起こしたフランス国内の原発2か所を扱った。

政治週刊誌とはありますが、割とゴシップ誌とでも言うべき
スタイルの週刊誌なようで、時に品性を疑うような
キツい(ぶっちゃけ下ネタ)風刺画を多用するスタイルで有名なようです。

福島の風刺については、関係者からすれば
言語道断だということで、日本の関係者は抗議するでしょうが
相手は銃撃事件を起こされ死傷者を出しても風刺画を掲載するようなところですから
何処吹く風で、流されるような気もします。

冒頭に貼った画像は、福島第一原発に関する
以前の風刺画で、いずれもシャルリー紙に掲載されたものではありませんが
今の日本は海外でどう見られているのか。
その気づきを得られる風刺画とも言えるかもしれません。

残念ながら、これらの風刺画について日本人がどんなに憤っても
世界からは福島原発の事故はそれだけの目で見られて居るという
事実の裏付けにしかならないのですね。

東京オリンピックの際に、福島はアンダーコントロールされていると
大見栄を切った安倍晋三首相ですが、未だに福島第一原発は
収束の気配は見られず、放射能を垂れ流している状況です。

今回のシャルリー紙の風刺画については、勿論そのような
風刺画を描いた事については、モラルや報道の自由を考えさせられますが
今現在進行形で、日本も放射能に対して何も出来ない状況を
海外メディアから見せつけられていることは、暗澹たる気持ちにさせられます。

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)





にほんブログ村 ニュースブログへ
↑面白かったら、このバナーをクリックお願いします!
2015-03-19 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットニュース漂流記 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。